ドメインと販売チャネルの話。

初めまして。今回からマーケティングに関する記事を担当させて頂く事になりました栗原といいます。

 

現在マーケティングに関する事業を行っているので、皆さんがWebサービスをビジネスに変えていく中で役立つ情報になると嬉しいです。

 

 

ドメインと販売チャネルの話。

 

販売チャネルと聞いて、「なんだ?」と思われる方もいらっしゃると思うかと思いますが、わかりやすく言うと「どこでお客様に商品を販売するか」ということです。

 

百貨店や高級ブランド商品を扱っているお店に行った時ことを思い出して欲しいのですが、売り場には高いブランドの商品がたくさん見つかると思います。ここは高級ブランドを販売しているチャネルなのです。

 

一方で、イオンなどのGMS(ゼネラルマーチャンダイズストア)と呼ばれる総合スーパーでは、ブランド品というよりも一般の方でも手に届きやすい商品を揃えている。大衆向けの販売のチャネルになります。

 

この販売チャネルを変えることで、「自社の商品が誰の目に触れるのか」が大きく変わってきます。

 

もちろん、これはWeb上でも同じことです。

 

例えば、インターネットショッピングモールでお店に入ってくるお客様と、自社のページに直接入ってくるお客様は分けて考える必要があります。

 

取り敢えずプロモーションをしたいんだということで、様々なところに出していくことが一見いい風にも見えるのですが、長い目で見ると他の会社も同じことを考えていることが多いので、長い目で見ると価格競争に巻き込まれてしまいます。

 

そうならないためには、「どこでどんな商品をだれに売るのか」ということを明確にしないといけないです。

 

複数のドメインを作成して、高級品のお店や一般の方向けのお店などをブランドを変えて多数揃えるということも考えられますし、新たにWeb用の商品を作成するということも可能です。

 

このように、場所を変えるだけで全く結果が変わってくることもあるので、まずは「お客様ありき」の発想をメインに考えていくことが大切なのです。

 

次回から、Webとリアルのマーケティングを組み合わせながら記事を書いていきたいと思います。

広告

kuriharan について

I am the co-founder and chief representative of Mangaconnect, an enterprise for the visionary to cultivate their frontiers, based in Japan. With our close and meaningful relationships, we push Japanese content, as well as bring in the seeds from every corner of the world to connect to our domestic market. Along with Magnaconnect, I also work as a manager in the global market to provide services that integrates all facets of the market to develop profitable avenues for our clients.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。