Net_DNS2 を使ってDNSツールを作成してみた

こんにちは。
前回はNet_DNS2のサンプルを作りました。
今回はサンプルコードからDNSツールを作りました。

ソースコードが汚いのであまり見せたくないのですが、、、つ GitHub
作成したツールは以下のリンクから。

DNSツール

「dozens.jp」を実行した結果:
スクリーンショット 2014-02-14 14.55.52
今回はちゃんとIPv6も見てきますよ (^^)
あとNSとMXレコードのIPも取得してくるようにしました。

//NSレコードがあるならば表示させる
if($result_ns->answer){
  echo '<tr><td colspan=2 class="r-type">NS records - Nameservers</td>';

    //NSレコードの各ホストのIPアドレを調べる
  foreach ($result_ns->answer as $record_ns_info){
    $ns_host = $record_ns_info->nsdname;

    //ホストからAレコードを調べ、IPを取得する
    $result_ns = $rs->query($ns_host, 'A');
    echo '<tr><td>'.$record_ns_info->nsdname.'</td><td>'.$result_ns->answer[0]->address.'</td></tr>';
  }
 }
}

NSとMXレコードは各ホストのIPアドレを調べるために、Aレコードのqueryを送信し、情報を貰ってきた。

DNSが取得できなかった場合のエラーの対処法が完璧じゃないのが心残りですが、次に行ってみようかと思います。
次こそDNSチェックツールを作ってみようかなと思います!!
そのためにも前調べて既存のDNSチェックツールがどういったことをチェックしているのかを調べて、いくつか実装したいですね。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。